PMSを治療するにはピルとサプリどっちがおすすめ?


PMSは月経前に心身に対して訪れる様々な不調のことを言います。
どんな症状がどの程度の強さで出てくるのかと言うのは個人差があります。
そしてそもそもPMSが出てこないと言う人もいます。
どうしてこのような不調が出てくるのか、詳しい原因は明らかにされていません。
ただひとつには、生理前における女性ホルモンのバランスの変化が挙げられています。

女性ホルモンは2種類ある


女性ホルモンにはふたつの種類があり、この内、エストロゲンには女性のコンディションを良い方へと保つ作用があります。
そしてもう一方のプロゲステロンは、女性の体を妊娠や出産に導くための作用を持っています。
そのため、プロゲステロンの分泌が優位になると、体に余分な水分や脂肪が溜めこまれやすくなったり、精神状態が揺らぎやすくなります。
生理前にはエストロゲンよりもプロゲステロンの方が優位になりやすいので、その結果、PMSが出てくるのではないかと言う具合です。

PMSの治療方法


PMSを治療するための方法としては、ピルの服用、サプリの利用が挙げられます。

ピル

こちらの場合は、月経にまつわる不調、たとえば生理痛や生理不順に対しても改善が期待できると言うメリットがあります。
また正しい服用方法をしっかりと守っていれば、避妊に対する効果も期待できます。
更に薬ですから即効性にも期待できると言うのは、とても嬉しい点です。
ただし薬効が強い分、体に対する負担も大きいので副作用の心配があると言うのはデメリットだと言えます。
定期的に婦人科を受診して入手しなければならないので、手軽さと言う面においてもデメリットがあると言えますが、「トリキュラー 通販」や「マーベロン 通販」で検索すると個人輸入代行で購入出来るので忙しい方におすすめです。

サプリ

サプリは、あくまでも薬ではなく食品ですから、副作用の可能性がほとんどないと言うのが大きなメリットです。
ドラッグストアやネット販売などでも購入できるので、気軽に、誰でも利用を開始しやすい、継続しやすいと言うメリットもあります。
ただし薬ではないので効果には個人差があり、即効性は期待しにくいと言うのはデメリットです。

それぞれを比較して自分に合ったほうを試してみて


ピルとサプリ、どちらがPMSの治療にはおすすめかと言うのは、これらの点を比較して、より自分に合ったメリットが大きい方を選択することで出てきます。
生理にまつわる不調も改善したい、即効性を期待したいと言う人は、医師と相談したうえでピルの服用が推奨されます。
体に対する負担はできるだけ少なく済ませたい、長い期間をかけて緩やかに改善していきたいと言う人は、サプリの方が推奨されます。
どちらが自分に合っているのか迷ってしまうと言う人は、一度、婦人科に相談すると良いです。